諸行無常日記

元京大生の新社会人がみなさんの役に立つ情報をお届けします。

MENU

【独学】MB-901:Microsoft Dynamics365 Fundamentals勉強法【IT初心者】【合格体験記】

こんにちは。TsutayaPです。

先日、「MB-901:Microsoft Dynamics365 Fundamentals」という試験に合格しましたので、その詳細について書いていきたいと思います。

f:id:TsutayaP:20210117202204j:plain

f:id:TsutayaP:20210117202219p:plain

 

私が受験した他のMicrosoft認定資格はこちら。

www.tsutaya-p.com

www.tsutaya-p.com

 

目次

 

概要

試験内容

どれほど馴染みのある製品かは分からないですが、Dynamics 365についての基礎試験です。

以下のような構成です。

  • Dynamics 365 の Microsoft プラットフォームコンポーネント(30-35%)
  • Dynamics 365 における人工知能と複合現実について(10-15%)
  • モデル主導型アプリについて (25-30%)
  • Finance and Operations アプリについて (25-30%)

含まれている製品群の特徴、その具体的な使い方などを把握して試験に臨む必要があります。


レベル

「Fundamentals」という名の通り、初心者を対象としたテストです。IT業界に入ったばかりの方には非常にいい難易度の試験かと思います。AzureやMicrosoft 365と違って、まだ全体に浸透しきっているとは言えない製品なので、まったく知らない人からすると少し取っつきにくさがあるかもしれません。


合格点

1000点満点中、700点以上で合格です。

問題数は30~40問なので、7割程度の正答が必要になり、すべての範囲から満遍なく得点することが重要となります。

このあたりは、AZ-900などと同じですね。


前提条件

私の受験前の状態について簡単に書いておきます。

  • 大学時代は文学部(高校時代は一応理系)
  • 受験10か月前まではIT・クラウド初心者
  • 受験4か月前にAZ-900: Microsoft Azure Fundamentals取得
  • 業務はクラウドに直接関わる

AZ-900の時と同様に、全くの初心者よりは進んだ状態だったと思います。

ただ、Dynamics 365に関してはずぶの素人という状態でした。


実際の勉強

Dynamics 365 Virtual Training Daysに参加

Microsoftが提供している無料のトレーニングセッションです。

2日間での実施です。(1日3時間×2)

Azureほどではないですが、今後も1か月に1回ほど開催されていきそうです。

www.microsoft.com

プレゼンテーターが試験の要点を抑えて、分かりやすく説明をしてくれます。

ただ一つ難点があって…説明がすべて英語である点です。

字幕が日本語でついているのでそれほど問題ではないかと思いますが、注意が必要です。

基礎知識、試験への入り口としては十分に有効です。

また、全て受講すれば無料でMB-901を受験できるバウチャーが手に入ります。

受けて損なしかなと思います。


ラーニングパス「Microsoft Dynamics365 基本」受講

こちらも、Microsoftが無料で提供しているラーニングパスです。

docs.microsoft.com

試験範囲をしっかりと網羅したラーニングパスになっています。

こちらも、基礎や導入としては非常にいいですが、これだけでは合格には及ばないかと思います。

参考問題は十分練習に使えるかと思います。


練習問題の暗記

今回の合格の一番の鍵となった部分です。

以下のサイトに実際に出た問題?が大量に載っており、ほとんど丸暗記することで合格へとつながりました。

www.examtopics.com

量こそ80問程度ですが、しっかり答えを覚える、周辺知識を手に入れることで確実に合格につながると言えます。

問題・解答ともに英語で書いてあるのが少し難点ですが…今時分は翻訳ツールも発達しているので問題ないかと思います。試験当日も英語原文を見ることができるので、その点も心配ありません。

一部の問題では、その解答の信ぴょう性について英語で議論が繰り広げられているので、興味がある方は目を通してみてください。


その他

MB-901はなかなか知名度が低いせいか、合格体験談がなかなか見つかりませんでした。1つだけ参考にさせて頂いたサイトがあるので、こちらにも貼っておきます。

unauna-blog.com


勉強期間と戦略

全部で合わせて10日弱です。

最初の3日~4日は軽くラーニングパスをなぞるだけ。

残りの1週間は上述の過去問サイトの問題を吟味しながら暗記するということをしました。

全体の勉強時間は約20時間ほどでしょうか。

何より重視したのは、過去問サイトの丸暗記です。


試験当日

当日は15分前にはテストセンターへ着くように指示されていたのですが、それを忘れており慌てて会場へ向かいました。

所定の手続きを済ませた後で、試験開始。

問題は7~8割が過去問サイトからの出題だったので、ほとんど悩むこともなく10分ほどで終了しました。

結果850点/1000点(700点合格)で合格でした。


合格のメリット

Dynamics 365というものの概要がつかめるようになります。当然なのですが。笑

あと、AzureとMicrosoft 365をつなぐ要素としてのDynamics 365の重要性を認識できるといったこともメリットになります。

もちろん込み入った話は分からないのですが、これから伸びていくであろうDynamics 365の入門としてはいい難易度の試験だったように思います。


まとめ

  • MB-901は、Dynamics 365に関する基礎的な試験
  • 受験者である私は文系卒、業務で少しだけクラウドに触れる
  • 主に過去問サイトを用いた学習を約10日間
  • Microsoft提供のセッション受講で試験が無料に
  • 当日は特に問題なく、無事合格
  • これから伸びていくであろうDynamics 365の入門としてはちょうどいい

もともとは、資格を取れば何か変わると思っていたのですが、そんなに甘くはないようです…。

とはいえ、学習の動機付けとしての資格受験はやはり効果的と感じます。

 

社会人1年目の奮闘はまだまだ続く…。