諸行無常日記

元京大生の社会人が書きたいことを適当に書いていきます。

MENU

【2021年6月~更新中:現在7大学】(主に人文系)国立大学巡りまとめ

こんにちは。TsutayaPです。

意外と自分がやったことをまとめるだけの記事がしっくりくるということが分かったので、こんな感じの記事も作ってみました。

高頻度ではありませんが、ゆるく更新していきたいと思います。

最終更新日:2021年6月12日

 

興味がある方は以下も是非ご覧ください。

www.tsutaya-p.com

www.tsutaya-p.com

www.tsutaya-p.com

 

 

目次

 

概要

実は昔から「大学」というものが好きで、色々な人の書くブログやTwitterを見ていました。*1

それだけでは飽き足らず、近くまで行ったのであれば、自分で見に行けばいいじゃないか!ということでゆるゆると大学を巡っていこうと思います。

色々気づいたこと、調べたことなんかを備忘録のように書き留めて行こうと思います。

 

関東地方

東京大学

訪問日:2021年5月16日

旧帝国大学の一つにして、日本トップの大学です。看板学部は法学部。

メインとなる本郷キャンパスは文京区にあります。地名にある「弥生」は「弥生時代」の由来となったことでも有名です。

ドラゴン桜」が好きなこともあって見に行ったのですが、あいにくコロナによって入構制限がかかっていました。

また、時期を改めてリベンジしたいと思います。

下の写真は、いわゆる赤門です。

f:id:TsutayaP:20210516001833j:plain

こちらは正門?でしょうか。赤門とは違った雰囲気があっておしゃれです。

f:id:TsutayaP:20210516001855j:plain

ちなみにキャンパスの中にはスタバ(東大工学部店)があるようですが、ここに行けるのはいつになるでしょうか…。

www.u-tokyo.ac.jp

 

東京海洋大学

訪問日:2021年6月5日

海洋の研究・教育に特化した大学です。

学部は3つだけ。かなり特化していますね。

ちなみにキャンパスが2つあり、この日見に行ったのは品川キャンパスです。

ここには海洋生命科学部・海洋資源環境学部があります。

f:id:TsutayaP:20210612221548j:plain

正門はこんな感じ。

何だか南国の雰囲気を感じますね。笑

f:id:TsutayaP:20210612221522j:plain

近くには紫陽花が植えてありました。

彩があって綺麗です。

f:id:TsutayaP:20210612221628j:plain

中はどんな感じなんでしょうか…ぱっと見ではよく分かりません。

f:id:TsutayaP:20210612221653j:plain

ちょっとだけ中も歩いてみました。

『HERO』のオープニングで出てきそうな風景です。

建物は白基調が多いようです。横浜国立大学に少し似ているような気がします。

f:id:TsutayaP:20210612221722j:plain

講義が行われているであろう建物です。

少し年季が入っています。

f:id:TsutayaP:20210612221826j:plain

こちらは裏門の看板。

いわゆる教科書体でしょうか。

f:id:TsutayaP:20210612221848j:plain

外からもその建物の白さが目立っていました。

f:id:TsutayaP:20210612221912j:plain

ドラマ『恋はDeepに』では「芝浦海洋大学」というのが出てきますが、この東京海洋大学が舞台になっているような気がします。

東京には特化型の珍しい国立大学があるんだなと感心してしまいました。

 

東京藝術大学

訪問日:2021年5月23日

東京音楽学校東京美術学校を前身に持つ、由緒正しき国立大学です。

旧字体が正式名称として用いられています。

『最後の秘境 東京藝大:天才たちのカオスな日常』という本の中では藝大について詳しく書かれており、そこでちょっとばかり知識を仕入れました。笑

音楽学部と美術学部から構成されています。

まずは、音楽学部から。こちらはもとより警備厳重とのこと。

f:id:TsutayaP:20210525231656j:plain

どちらかというと優雅な印象。

f:id:TsutayaP:20210525231722j:plain

通りを挟んで、反対側が美術学部です。

今だと漫画『ブルーピリオド』でホットでしょうか。

こちらは自由奔放。ただ、今はコロナもあって入構制限が敷かれていました。

上野公園では、生徒さんの作品と思わしき彫刻がいくつか置いてありました。

勝手に置いているんでしょうか、自由ですね。笑

f:id:TsutayaP:20210525231742j:plain

ちなみに、北千住にもキャンパスがあります。

ここにあるのは、「音楽学部音楽環境創造科」というところ。音楽に関わる、東京藝大の異端児たちの集うところです。

そう考えると、確かに北千住にあるのも頷けます。

f:id:TsutayaP:20210525231823j:plain

学園祭に行ってみたい大学No.1ですが、その時期が来るまでもう少しかかりそうな気がしますね。

気長に待ちたいと思います。

www.geidai.ac.jp

 

横浜国立大学

訪問日:2021年5月9日

経済専門学校、工業専門学校を前身としていることもあって、実学色の強い大学になっています。

これまた小高い丘の上にあり、横浜駅からは少し離れたところにあります。*2

まずは正面から。大学名の看板がおしゃれですね。

f:id:TsutayaP:20210516001921j:plain

f:id:TsutayaP:20210516001956j:plain

前身もあるので、看板学部は経済学部のようです。

ガラス張りの建物がきれいですね。

f:id:TsutayaP:20210516002055j:plain

看板はこんな感じ。若干、顔真卿っぽさがありますね。笑*3

f:id:TsutayaP:20210516002119j:plain

いかにもキャンパスと言う感じです。道は広く、坂道も多く。

トトロでも出てきそうです。

f:id:TsutayaP:20210516002220j:plain

こんな緑一杯の広場があります。市街地から離れているからこそでしょうか。

f:id:TsutayaP:20210516002244j:plain

f:id:TsutayaP:20210516002154j:plain

www.ynu.ac.jp

 

中部地方

静岡大学

訪問日:2021年5月2日

静岡市にはありますが、静岡駅からは少し離れたところにあります。

国立大学の宿命って感じがしますね…。

「5S大学」の一つに入れられています。

ちなみに看板学部は工学部とのこと。

ともかく、入り口は新緑が映えて美しいです。

f:id:TsutayaP:20210515223441j:plain

f:id:TsutayaP:20210515223607j:plain

入口からはひたすら登山と言わんばかりの坂道。

こちらは中腹にある建物です。

理学部とか、教育学部とかその辺りですね。

f:id:TsutayaP:20210515223639j:plain

人文社会科学部は一番奥、高いところにあります。

とにかく上るのが大変でした…。

字に趣があっていいですね。

f:id:TsutayaP:20210515223704j:plain

f:id:TsutayaP:20210515223727j:plain

一番上まで上ったご褒美としていい景色を見せてもらいました。

さすがに見晴らしはいいですね。

f:id:TsutayaP:20210515230041j:plain

こんな感じで「静大」入りのマンホールがあったりもします。

f:id:TsutayaP:20210515223928j:plain

グランドではサッカー部が練習していました。

f:id:TsutayaP:20210515224039j:plain

www.shizuoka.ac.jp

www.tsutaya-p.com

 

名古屋大学

訪問日:2021年5月5日

何といっても旧帝国大学の一つ。看板学部は理学部でしょうか。

最寄として「名古屋大学駅」もあり、キャンパスもそれなりに広いです。*4

こちらも新緑が映えていいですね。

f:id:TsutayaP:20210515224318j:plain

f:id:TsutayaP:20210515224346j:plain

お目当ての文学部は入口のすぐ近くにあります。

2年次には研究室に配属されて、少人数教育が実践されるようです。

f:id:TsutayaP:20210515224457j:plain

f:id:TsutayaP:20210515224554j:plain

以下の文言はナイスですね。

文学部とは何たるかを簡潔に表していてほれぼれしてしまいました。笑

f:id:TsutayaP:20210515224613j:plain

文学部近くにはスタバもあります。

恵まれていますね…。笑

f:id:TsutayaP:20210515225057j:plain

f:id:TsutayaP:20210515225126j:plain

逆側が理系のキャンパスになっています。

「野依記念物質科学研究館」といういかにもおしゃれな建物がありました。

f:id:TsutayaP:20210515225210j:plain

こちらは因縁の名古屋大学農学部

そう、何を隠そう私が一回落とされているところですね。笑

f:id:TsutayaP:20210515225237j:plain

www.nagoya-u.ac.jp

www.tsutaya-p.com

 

近畿地方

京都大学

訪問日:2021年5月3日

ちょっと前までは自転車通学していた大学ですが、今や外部のものとして訪問する立場になってしまいました…。笑

旧帝国大学の一つです。看板学部は理学部でしょうか。

立地的にはせいぜいバスくらいしかなく、京都市の中心部から離れているのであまりいいとは言えないかもしれません。

まずは正面から。時計台とクスノキがきれいに見えます。

f:id:TsutayaP:20210515225626j:plain

こちらは南側の一般教養キャンパスです。

昼休みは学生たちが集う憩いの場になっていました。

f:id:TsutayaP:20210515225651j:plain

さて、本題の文学部。この面から見るとおしゃれに見えます。笑

中はめちゃくちゃ暗いですが…。笑

f:id:TsutayaP:20210515225727j:plain

f:id:TsutayaP:20210515225835j:plain

文学部南側の自転車置き場です。

休み期間でしたが、放置?されている自転車がありました。

f:id:TsutayaP:20210515225945j:plain

おしゃれな建物もあったりします。

「国際科学イノベーション棟」というらしいです。

オープンキャンパスの時に行ったような気もします。

f:id:TsutayaP:20210515230010j:plain

www.kyoto-u.ac.jp

www.tsutaya-p.com

 

*1:何だかこの時点で変かもしれません。

*2:全然横浜ちゃうやんって思ったりました。笑

*3:顔真卿とは、唐時代の有名な書家。肉厚な字が特徴的です。

*4:余談ですが、個人的に志していた時期もあり、大学といえばここを思い浮かべてしまいます。